小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】いつまで繰り返す?

2021/07.22

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は火曜後半のレッスンを報告します!

生徒はYくん(中3)、Jくん(中2)、Mちゃん(小5)、Hくん(小4)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはYくん。
Yくんは前回に引き続き、スクラッチの『ひもくじ』に取り組んでもらいました。
前回は、ランダムで決まった景品が引っ張られるようにするところまで出来ていたので、今回は
1.景品が引っ張られた後に背景を変える
2.真ん中に引っ張られた景品を表示する
の2つを追加してもらいました。

あ「前回どこまでやったか覚えてる?」
Y「はい。」

とYくんは黙々と取り組んでくれていました。

あ「どう?大丈夫?」
Y「はい。」

と質問なども特になく順調に進んでいき、

あ「どう?」
Y「出来ました。」
あ「出来たら声かけてほしいなー。じゃあ、確認していこうか!」
(動作確認中)
あ「うん。問題なさそうなんだけど、今の状態だと景品が当たったときにひもを引く動作がないから、はずれのときと同じように引く動作もするように修正しようか!」
Y「はい。」

と景品が当たったときにも、景品を真ん中に表示させる前にひもを引く動作を入れるように修正してもらいました。
完成したものがこちらになります。

『ひもくじ』の課題が最後まで終了してよかったです。

次はJくん。
Jくんは前回に引き続き、SQLドリルの『副問い合わせを使って追加』に取り組んでもらいました。
副問い合わせを使用するものはほとんどの人が苦戦する部分です。
Jくんも始めはエラーなども出ていて苦戦している様子だったので声をかけたのですが、

あ「大丈夫?」
J「はい。」
あ「わからなかったら声かけてね。」
J「はい。」

と自分でうまくいかない原因を調べたりしながら探し、解決していました。
Jくんはいつも自分でいろいろと調べてくれて、ある程度調べてもわからないときには声をかけてくれます。

今回は、声掛けも何度かしましたが特に質問などはなく、Jくんから声をかけられることもなく、前回に引き続きスラスラと進めてくれていました。

気づくとあっという間にレッスン終了の時間。

あ「どうだった?」
J「今回も難しくはなかった。」
あ「そっか、よかった。どれぐらい進んだ?」

と確認をすると、なんと今回は13問も進めてくれていました!
次回も集中してどんどん進めていきましょうね。

次はMちゃん。
Mちゃんは今回、前回に引き続きスクラッチ問題集の『ボール避けゲーム』に取り組んでもらいました。
前回は、実行ボタンを押すとゲームがスタートし、自機と障害物(ボール)がそれぞれ指定の場所に表示されるようにするところまで作成していました。
今回は、下記の条件で自機を動かす処理の追加に取り組んでもらいました。
1.スペースキーを押している間、右上に動く
2.スペースキーを押していない間、右下に動く

左右、上下でx座標、y座標をそれぞれどうしたらいいのかはわかっていたのですが、動く処理を繰り返すときに条件に何を入れたらいいのかで苦戦している様子でした。

M「先生!条件に何を入れたらいいのかわからないです。」
あ「まず繰り返しの条件は何になる?」
M「スペースキーが押されてるかどうか。」
あ「そうだね。「〇〇キーが押された」っていうブロックがあるから探してみて!」
M「…。(探し中)ありました!」

と下記画像のように組み立ててくれました。

あ「今、この繰り返しの中で行うのはどういう動きだろう?」
M「右上に動く?」
あ「どうだろう。いったん実際に入れて動かしてみよう!」

とブロックを組み合わせて確認をしてみてもらいました。

M「動いた!」
あ「うん。でも、スペースキーを押してないのに右上に動いてるね。スペースキーを押していないときにはどっちに動くんだっけ?」
M「あー。右下か。」
あ「そうだね。繰り返しの条件を見てみて!日本語がちょっと変だけど、「スペースキーが押されたまで繰り返す」っていうのは、スペースキーが押されるまで繰り返すってことなんだ。スペースキーが押されるまで繰り返すってことは繰り返している間はどういう時?」
M「…。(考え中)スペースキーが押されていない間? 」
あ「うん。あってるよ!じゃあ、スペースキーが押されていない間に行いたい処理を入れてみよう!」

と修正をしていき、処理2が完成しました。
処理1も処理2のときのように条件で少し苦戦していましたが、下記画像のように「ではない」ブロックを使って完成させてくれました。

今回は、ここで時間が残りわずかとなってしまったので終了となりました。
残りの時間は今回作ったものを動かして遊んでくれていました。
楽しみながら取り組んでくれたようでよかったです。
次回、『ボール避けゲーム』完成を目指して頑張りましょう!

最後はHくん。
Hくんは今回、スクラッチドリルを使用して『リスト』の復習を行ってもらいました。
Hくんに今回取り組んでもらったのは、「リスト内のデータの平均値を求めて表示する」課題です。

あ「平均値の求め方はわかる?」
H「うーん。」
あ「平均値は「合計 / 合計した数の個数」だよ!だからまず、合計を求める必要があるね!前回は合計を求める課題だったんだけど覚えてる?」
H「うーん…。」
あ「じゃあ、前回の課題を確認しながら、いったん合計を求めて来よう!」

と前回の課題で復習をしながら合計を求めるところまで作ってもらいました。

あ「合計は出来たね。今度必要なのは「合計した数の個数」。どうやって求める?」
H「リストの長さ。」
あ「うん、そうだね!」

と計算まではうまく出来ていたのですが、平均が正しく表示されていませんでした。

あ「今、平均を入れるための「平均値」っていう箱(変数)を用意して、その箱の中身を表示するようにしているんだけど、その箱に求めた平均値は入れてる?」
H「うーん。(見返し中)入れてない。」
あ「そうだね。箱は使う前に必要なものを入れないと何も入ってないままだよ!」

と平均値を表示する前に変数に求めた平均を入れる処理を追加し完成となりました。

まだ時間が少しあったので、次の「リストの中の最大値を求めて表示する」課題にも取り組んでもらいました。
今回は、リスト内のデータを用意し、最大値をどうやって調べていくかを一緒に考えていくところで時間がきてしまい終了となりました。

次回は、最大値を調べる流れのおさらいをしてから取り組んでいきましょう!
変数がまだ少し苦手なようなので、変数の復習もしながら進めていきましょうね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)