小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

池ちゃん先生に突撃インタビューしてみた〜プログラミングの先生ができるまで②(進路の選び方)〜

2021/04.29

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
アシスタントのさっちゃんです!

 

さて、今回は池ちゃん先生へのインタビュー企画第2回!

 

前回は小学生時代にプログラミングを知ったというお話でした。

 

ということで今回は、その後どのようにプログラミングに関わっていたのか、

題して、

 

「プログラミングと進路!」

 

について突撃してみたいと思います!

 

「小学生時代はプログラミングコードをひたすら写していた写経レベルに、って話でしたが、中学生時代もそれは続いていたんですか?」

 

池ちゃん先生

「いやー、さすがに勉強も忙しくなってきたからね。小学生時代ほどやりこんではいなかったな」

 

「あら、意外」

 

池ちゃん先生

「あとほら、中学生くらいになると自分でゲームも買えるようになってくるから、ゲームプレイに夢中になっていたこともあるし。そもそもの動機がゲームだったりするからね(笑)」

 

「まあ、わかります(笑)」

 

池ちゃん先生

「それに、ちょっと音楽に興味が出てきたのもあって」

 

「音楽?! え、バンドマンとかそういうのですか?!」

 

池ちゃん先生

「違う違う(笑)

プログラムを組んでね、音を出すっていうのにはまったから

「それは、ゲーム音楽を作る、とかそういう?」

 

池ちゃん先生

「いいや。悲しいかな、作曲とか楽譜を作る才能がなくて(笑)

なので『ド』を出すにはプログラミングでこう書くと出る、とか、既存の楽譜をプログラミングで音にすることをやってたんだ。

 

まあ、当時だとファミコンみたいな電子音でピープー鳴らす感じだけど。

この音楽をプログラミングで組むっていうのにはかなりはまって、高校時代も続けてたな」

 

「面白そう♪

ちなみにそれは誰かに教わってできるようになったんですか?」

 

池ちゃん先生

「いや〜。このころになると書店にそういう手引書みたいなのもたくさん売られるようになってきたからね。本見て勉強かな。

とはいっても、まだまだパソコンやる人ってマニアックな人ってイメージも強かったころだから、本もかなりマニアックだったけれど(笑)」

 

「確かに私も池ちゃん先生と同じ世代ですけど、パソコンやってる人はマニアだと思ってました(笑)」

 

池ちゃん先生

「(笑)」

 

「しかし小学校時代からずうっとプログラミング続けているんですね」

 

池ちゃん先生

「そうだね。

中学生くらいから漠然とだけど、将来はパソコンを使った仕事をしたいとは思ってたから。プログラマーとかそういう具体的なことではないけどね

 

「それはすごい! 夢を叶えたってことですね!」

 

池ちゃん先生

「有り難いことにそうだね。

ただ、もしかしたら今の道じゃない道に行っていたかもしれないこともあって」

 

「それはどういう?」

 

池ちゃん先生

「中三で進路を決めるときに、パソコンを使える科に進みたいな、と思って、商業科に進みたいって先生に話したんだ」

 

「確かにパソコン使いますものね。

けど、当時の商業科だと、どちらかというと経理とか簿記とかそっちの方面の勉強がメインになっていたような?」

 

池ちゃん先生

「そうなんだよね。実際、先生にも『パソコンをやりたいという動機なら大学でパソコンは学べるから、まずは普通科に行ってみてもいいんじゃないか』って言われてね。

 

それもそうか、と思って普通科に進んだんだ。

 

今思えば、商業でも多分パソコンは使えたし学べることはたくさんあったけれど、元々パソコンの機能とかプログラミングとは少し方向が違うから、

『パソコンを使える人』にはなれていたかもしれないけど、『パソコンを使い倒す人』にはなっていなかったかもしれないなあ、と」

 

「池ちゃん先生が誕生していなかったかも?」

 

池ちゃん先生

「していなかったかもね」

 

「ターニングポイントというところですね」

 

池ちゃん先生

「そうだね。で、大学はプログラミングをきっちり学べる情報工学科に進んだんだ」

 

「ばりばりの理系じゃないですか! 池ちゃん先生もやっぱり理系が得意な感じでした?」

  

池ちゃん先生

「いや〜。それが中間なんだよね」

 

「中間?」

 

池ちゃん先生

「国語も英語も数学も普通、で、社会と理科が得意、って感じで小学校、中学校、高校と得意科目はずっと変わらなくて」

 

「なるほど。文系と理系の中間って確かに(笑)」

 

池ちゃん先生

「実際、大学を決めるときの判定でも文系理系どっちでもいいみたいな中途半端な判定もでちゃって」

 

「オールマイティでいいじゃないですか!」

 

池ちゃん先生

「いやいや。まあ、でも情報工学科に入れてプログラミングを学べたのは良かった」

 

「考えてみれば小学校時代からここまで独学ですもんね。

じゃあ大学に入ったらばりばりプログラミングを書けるようになってきた!みたいな?」

 

池ちゃん先生

「それがなかなかそうならなくてね。けどある人との出会いで一気に書けるようになったんだよ」

 

ある人?!

 

かなり気になります!

 

ということで次回は、池ちゃん先生がばりばりプログラミングができるようになったきっかけについて聞いていきたいと思います!

 

次回もお楽しみに♪

 

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)